引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「顔晴る」とは?意味や使い方・類義語を説明

「顔晴る(がんばる)」とは?意味や使い方・類義語を説明 日常生活で使う言葉
この記事は約2分で読めます。

ネット上や企業の研修、また講義などでもよくみかける「顔晴る」という言葉をご存知でしょうか?

SNSで「今日も顔晴る」「〇〇さん顔晴れ」「顔晴っていきましょう!」というように使っている人がいますが、その意味とはいったい何なのでしょうか?

「顔晴る」の意味や使い方・由来・例文・類義語をそれぞれ説明していきます。

スポンサーリンク

「顔晴る」とは

「顔晴る」は顔に晴れると書いて「がんばる」と読みます。他には「顔晴れ(がんばれ)」「顔晴って(がんばって)」のようにも使われますが、この言葉がいつどこで誕生したのかという由来や語源・元ネタについては不明です。

意識を高め合うセミナーや企業の教育活動の中で使われることもある「顔晴る」ですが、その意味をみていきましょう。

スポンサーリンク

「顔晴る」の意味

「顔晴る(がんばる)」とは、頑張るという意味です。本来「顔が晴れる」という表現は存在しませんが、人が頑張っているときにはイキイキとしており、その表情が曇ることなく晴れていることから、頑張ることを「顔が晴れる」=「顔晴る」と表現しこの言葉が誕生しました。

スポンサーリンク

「頑張る」をよりポジティブに捉えようとする言葉で、ビジネスやセミナーなど教育の場において、意識を高く持とうとする人たちの間で使われる言葉です。

上記の意味ではなく、単純に「頑張る」という意味で「顔晴る」を使用する人たちもいるため、使用する際の明確な定義は存在しません。

「顔晴る」の使い方と例文

「顔晴る」を使った例文とその使い方についてみていきましょう。

  • 今日も1日顔晴っていきましょう!とラインで送信した。
  • 私は顔晴る!絶対にポケモンマスターになってやる!
  • 人材を人財と表現する人たちは「顔晴る」という言葉を使う傾向が高いのかもしれない。
  • 顔晴るという言葉を使うと、「あれ?君って意識高い系の人?」と言われてしまった。
  • 校長先生の有難いお話のなかで「顔晴る」について説明がなされた。

「顔晴る」の類義語

「顔晴る」と同じような意味を持つ類義語としては、「頑張る」「努力する」「努める」など前向きに取り組んでいることを表す言葉があります。

前向きな気分になりたいときには、この言葉を使ってみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました