引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「好例」とは?意味や使い方・類義語を説明

「好例」とは?意味や使い方・類義語を説明 日常生活で使う言葉
この記事は約2分で読めます。

「~で成功した好例だ」「個人が有名になった好例」のように使われる「好例」という言葉ですが、なんとなく意味はわかっても正確な意味を理解できていない人もいるのではないでしょうか?

「好例」の意味や使い方・類義語・対義語を説明していきます。

スポンサーリンク

「好例」とは?意味

「好例(こうれい)」とは、見本となるような適切な例という意味です。「好ましい例」と書いて「好例」なので、何かの手本や見本となる良い例ということです。いつもお馴染みであるという「恒例」とはまったく意味が異なります。

スポンサーリンク

好例という言葉を口にすることは少なくとも、文字として目にする機会は多少なりともあるので、その使い方や例文なども一緒にマスターしておきましょう。

スポンサーリンク

好例の使い方と例文

  • 彼が自分の会社を20年で年商100億にまで成長させた過程は、起業方法を教える際の好例となっている。
  • 高齢者向けの介護施設の好例として、高級なサービスを提供している企業が紹介された。
  • 転職に成功した好例として、とある企業からインタビューを受けた。
  • お菓子のマーケティング活動の好例として、女性同士が直接話す座談会を設けた取り組みが挙げられる。
  • 難関大学に合格した好例として、学習塾に顔つきの写真が掲載された。

好例の類義語

好例の類義語には、「良い例」「適切な例」「見本」「お手本」など他の人に堂々と示せる適例が挙げられます。

好例の対義語

好例とは反対の意味を持つ言葉には、「悪い例」「失敗例」「反面教師」など人にお手本としては示せないという意味の言葉があります。

タイトルとURLをコピーしました