引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「タイムスケジュール」と「タイムテーブル」の違いとは?意味を説明します

「タイムスケジュール」と「タイムテーブル」の違いとは?意味を説明します 言葉の違い
この記事は約2分で読めます。

「タイムスケジュールに従って仕事を進める」「タイムテーブルをください」のように使われる「タイムスケジュール」「タイムテーブル」という言葉ですが、どちらも似たような意味を持つ言葉なので、どういった違いがあるのか説明できるでしょうか?

「タイムスケジュール」「タイムテーブル」の違いや意味をそれぞれ説明していきます。

スポンサーリンク

「タイムスケジュール」とは?意味

タイムスケジュール(time schedule)とは、予定表のことです。そもそも「スケジュール」には時間という意味も含まれているため「タイム」がつくと意味が重複していますが、現代では「〇時~会議で、△時~商談で…」というような、その個人の予定表という意味で使われています。

スポンサーリンク

タイムスケジュールの使い方と例文

  • 社長のタイムスケジュールを確認しておく。
  • 今日1日のタイムスケジュールを部下に伝達しておいた。
スポンサーリンク

「タイムテーブル」とは?意味

タイムテーブル(time table)とは、時間割や時刻表のことです。たとえば電車が〇時〇分に発車すると書かれている時刻表や、1時間目は国語~と書かれている学校の授業の時間割などのことです。

テレビ番組表や、音楽イベントなどで〇〇が△時から出演~と書かれているのもタイムテーブルになります。

タイムテーブルの使い方と例文

  • 自分の好きなバンドがいつ登場するのかイベントのタイムテーブルを確認する。
  • 始発の電車が何時からなのかJR東日本のタイムテーブルを調べた。
  • 好きな音楽番組の特番があるので、テレビ番組のタイムテーブルを調べて録画予約をする。

「タイムスケジュール」と「タイムテーブル」の違い

タイムスケジュールタイムテーブル
意味予定表時刻表や時間割
課長の予定表
私の1日のスケジュール
音楽イベントの時間割
テレビ番組の時間割
バスの時刻表

「タイムスケジュール」と「タイムテーブル」の違いは、「予定表」or「時刻表」という違いがあります。時間割もいってみれば予定表なのでややこしいですが、「個人の予定=タイムスケジュール」、「イベントの時間割や交通機関の時刻表など大勢の人が従う=タイムテーブル」とすると理解しやすいと思います。

ですが近年ではどちらも同じ意味として使われることが多く、「個人のスケジュール=タイムテーブル」と言ったり、「イベントの時間割=タイムスケジュール」と混合して使われることも多いため、あまり明確に定義する必要はないのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました