引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「言い訳」と「経緯」の違いとは?意味と例文を説明します

言い訳と経緯の違いとは?意味と例文を説明します 言葉の違い
この記事は約2分で読めます。

言い訳と経緯の違いがハッキリ説明できますか?「言い訳じゃなくて経緯を説明しなさい」と言われたことのある人もいるかもしれませんね。

「言い訳」と「経緯」の違いや意味も含めてわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

「言い訳」とは?意味

言い訳とは、「自分の感情なども含め主観的に、起きた出来事に対し説明や弁明をすること」です。さらにわかりやすく言うと、「あのときは~だったから」「あの人が~したから」など自分の気持ちも付け足して自分目線で説明するという意味です。

客観的にただ事実を言うのではなく、自分がそのときに感じたことや感情なども含めて事実と一緒に説明をするため、自分の立場を守るための自己中心的な説明だと思われてしまうこともあります。

そのため第3者からすると、感情が入り混じった説明では信用できないと思われることもあり、自分では事実を並べたつもりでも「それは言い訳だ」と言われてしまう可能性もあります。

言い訳を使った例文

  • 遅刻した理由を説明したけど言い訳をするなと上司に怒られた
  • 言い訳ではなく経緯を説明してください
スポンサーリンク

「経緯」とは?意味

経緯とは、「物事を時系列に沿って、客観的に事実を並べたもの・流れ」という意味です。もう少しわかりやすくいうと、起きた出来事を順番通りに事実だけでまとめたもの、と言い換えることもできます。

経緯は起きた出来事をありのまま並べているので、他の誰が聞いても誤解することがありません。ですが事実だけが書いてあるので、「こう思った」など個人の感情などは経緯ではわかりにくいです。

刑事ドラマなどでよく使われる言葉でもあります。

経緯を使った例文

  • この事件が起こった経緯を説明してくれ。
  • 昨日会社を休んでしまった経緯を説明した
  • 友達が喧嘩した経緯を聞いて呆れた

言い訳と経緯の違い

言い訳と経緯の違いまとめ
言い訳経緯
主観的客観的
感情と事実が入る事実のみ
保身的中立的

言い訳は主観的で経緯は客観的です。言い訳には個人の感情が入りますが、経緯では事実しか説明されません。

経緯に自分の感情が入ってしまうと言い訳になってしまうこともあるので、何かミスをしたときには「言い訳」ではなく「経緯」を説明したほうが身のためかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました