引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「スレ立て」とは?意味や使い方を説明

スレ立てとは?意味や使い方・例文を説明 ネット上で使われる言葉
この記事は約2分で読めます。

2chや5chなどの掲示板で「スレ立てよろしく」「次スレは誰が立てる?」のように使われる「スレ立て」とはいったい何なのでしょうか?

スレ立ての意味や使い方・例文をわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スレ立て」とは?

スレ立ては、ネットの掲示板において使われる言葉であり、日常生活のなかで使われることはまずありません。

スレッドを立てる、という言葉の略ですが、これだけではまだわかりにくいため、スレ立ての意味を次で説明していきましょう。

スポンサーリンク

「スレ立て」の意味

スレ立てとは、ネットの掲示板において使われる「スレッドを立てる」の略であり、誰もが書き込めるスレッド(トピック)を1つ作成する、という意味です。

スポンサーリンク

2chや5chなどの掲示板においては、いくつものスレッド(トピック)が作成されており、「京都で美味しいラーメン屋ってどこ?」「第〇〇回甲子園大会で最強の高校はどこだ!?」のように1つのテーマにつき1つのスレッドが立てられるのが普通です。

1~1000までコメントを書き込めるのですが、1000まで到達するとそのスレッドは書き込めなくなるので次のスレッドを立てる必要があり、「次スレ誰が立てる?」のように1000に到達する前に誰がスレッドを立てるのかを決める場合もあります。

いろんな人がコメントを書き込む人気のスレッドはすぐに1000まで埋まってしまいます。そのため同じテーマ・タイトルでスレッドを立てる際には、タイトルに何スレッド目なのかを表す数字を入れます。

たとえば、17個目のスレッドなら「【part17】東京で美味しいラーメン屋教えて」のようにするのが匿名掲示板の伝統です。

スレ立ての正しい使い方と例文

  • スレ立ての意味がわかったので、初めてスレ立てをしてみた。誰もコメントをくれなかったけどね。
  • スレッドが乱立しているため、どこに人が多く集まっているのかがわからない。奴らの目的は人を拡散することだったのか。
  • 次スレは>>800が立ててね。というルールだったが、自分が800を踏んでしまった。次スレを立てないといけない。

掲示板では決められた番号を踏んだ人が次スレを立てるというルールがありますが、踏み逃げをしないよう踏み逃げについても知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました