引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「仕上がる」とは?意味や使い方・例文を説明

「仕上がる」とは?意味や使い方・例文を説明 日常生活で使う言葉
この記事は約2分で読めます。

「調整は万全だ。仕上がってるよ」「(鍛えられた肉体を見て)仕上がってるな」のように表現される「仕上がる」とは一体どういう意味なのでしょうか?

分からない人はぜひその意味を覚えておきましょう。

「仕上がる」の意味や使い方・例文・類義語を説明していきます。

スポンサーリンク

「仕上がる」とは?

「仕上がる」は「しあがる」と読みます。

「服が仕上がる」のようにも使われますが、今回紹介する「仕上がる」はまた別の意味で用いられるため、そちらも覚えておくと良いでしょう。日常会話の中でも多用される表現です。

「仕上がる」の意味をみてきましょう。

スポンサーリンク

「仕上がる」の意味

仕上がる(しあがる)とは、万全の状態になる、という意味です。「スカートが仕上がる」というように何かが完成する・できあがるという意味でも使われます。

スポンサーリンク

近年使われることの多い「仕上がる」には、

  • ボクシングの決勝に向けて「身体を仕上げる」
    ⇒身体を鍛えて最高の状態にもっていく
  • 入学試験に向けて「体調や気分を仕上げる」
    ⇒体調やメンタルを万全な状態する
  • (バッチリオシャレをした人を見て)「仕上がってるな~」
    ⇒気合入ってるな~という意味

使われるシーンによって多少の違いはあれど、上記のような意味で「仕上がる」という表現が使われています。

「仕上がる」の使い方と例文

  • M-1の決勝に向けてネタをバッチリ仕上げたつもりだったのに、本番でミスって優勝を逃してしまった。
  • バッチリ化粧をして合コンに来た女性に「キミ仕上げてきたね」と言うと「なんてデリカシーの無い人なの!?」とみんなから批難された。
  • 新規オープンに向けてお店の内装を仕上げる。
  • この大会のために、何人ものプレイヤーがコンディションを仕上げてきたのだろうか。

「仕上がる」の類義語

「仕上がる」の類義語には、「完成する」「整う」「万全になる」など完璧な状態を指す言葉が挙げられます。

「仕上がる」の対義語

「仕上がる」の対義語には、「壊れる」「損壊する」「調子が狂う」「調子が乱れる」「最悪の状態」などがあります。

最近では「気合が入っている」という意味で「仕上がっている」と表現されることもあるので、この意味も覚えておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました