引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「露呈」とは?意味や使い方・類義語を説明

「露呈」とは?意味や使い方・類義語を説明 日常生活で使う言葉
この記事は約2分で読めます。

「露呈する」「頭の悪さが露呈した」「彼の本性が露呈した結果」のように使われる「露呈」という言葉ですが、その意味をしっかりと理解できているでしょうか?

どちらかというと悪いニュアンスで使われる言葉ですが、「露呈」の意味や使い方・例文・類義語を説明していきます。

スポンサーリンク

「露呈」とは?

「露呈」は「ろてい」と読みます。テレビや雑誌などで「〇〇の酷過ぎる計画が露呈した」のように「露呈する」「露呈した」という形で使われることが多く、「露呈」という2文字だけで使われることは少ないです。

ではこの次で「露呈」(する)の意味をみていきましょう。

スポンサーリンク

「露呈」の意味

露呈(ろてい)とは、隠れていた性格や計画などの事柄が表に出てくること、あらわになるという意味です。「露呈する」「露呈した」のように使われます。

スポンサーリンク

「露呈」の「露」は露わになる(あらわになる)=明らかになるという意味があり、「呈」は「呈する」で差し出す・示すといった意味があります。この2つが組み合わさって「露呈」という言葉になりました。

「彼の醜い部分が露呈した」のようにあまり良くないものが表に出る・現れるときに使われる言葉なので、「嬉しい気持ちが露呈する」というような良い意味ではあまり使われません。

露呈の使い方を例文

  • 社長という立場を失った瞬間、彼の本性が露呈し従業員たちは皆ドン引きした。
  • 弱者を食い物にするような酷い計画が内部リークによって露呈し、その企業はつぶれてしまった。
  • 人は窮地に追い込まれた時、その人の本性が露呈する。
  • 不動産のプロジェクト計画に十分な時間がかけられなかったため、いくつもの問題点が露呈し計画はなくなった。
  • 私の頭の悪さが露呈した結果、みんなからバカ呼ばわりすることになってしまった。

露呈の類義語

露呈の類義語には、「表面化する」「明らかになる」「開示」「提示」「暴く」「さらけ出す」「発覚する」「バレる」などがあります。

隠し事がなければ露呈することもないため、露呈しなくて済むように日頃から行動・計画するようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました