引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「神旦那」とは?意味や使い方を説明

神旦那とは?意味や使い方を説明 ネット上で使われる言葉
この記事は約2分で読めます。

「うちの夫は神旦那」のように使われる「神旦那」という言葉ですが、夫を褒めていることはわかりますが、その意味や使い方を正しく理解できているでしょうか?

「神旦那」の意味や正しい使い方・例文をわかいやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「神旦那」とは?

神旦那は主にTwitterなどSNSにおいて使われる言葉で、「#神旦那」のように#タグをつける場合もあります。

「神」というくらいなので、夫を褒めているというポジティブな意味合いがあるのはわかりますが、その意味を詳しくみてきましょう。

スポンサーリンク

「神旦那」の意味

神旦那(かみだんな)とは、家事や育児などに積極的であり、また家族のことを大事にしている、妻から見て「神」と思えるような素晴らしい夫のことを指します。神夫と表現することもありますがこちらも同じ意味です。

スポンサーリンク

「料理を毎日作ってくれる」「育児に積極的」「家族思い」「さりげない心配り」「妻への配慮」など人によって神旦那の定義は異なりますが、妻から見て他人に自慢したくなるような振る舞いや言動をする夫が神旦那と呼ばれているケースが多く、神旦那を増やす活動をしているユーザーもいるほどです。

子供と全く遊んでくれない、料理を作っても感謝すらされないなど、自分の夫と比較して「うちの夫はどうすれば神旦那になるんだろう」と悩む妻もいますが、Twitterで「#神旦那」と検索すれば自慢の夫たちの行動をチェックすることが可能です。

神旦那の正しい使い方と例文

  • ウチの夫は料理洗濯もしてくれて、「子どもは俺が見てるから、たまには1人で息抜きしてきたら?いつもありがとね。」なんてことをサラッと言ってくれる神旦那。最高かよ。
  • 前世でどれだけの徳を積めばそんな神夫と出会えるの?ウチの夫は出て行ったきり帰ってこないんだけど。なんなのアイツ。
  • Twitter見てると神夫の多さにビックリする…。なんでそんなにいい旦那を見つけられるの?

神旦那の類義語

神旦那の類義語としては、「神夫」が挙げられます。

Twitter上で「#神旦那」をつけて検索すると、各家庭自慢の神様のような夫を拝むことが出来ます。自分の家の旦那と比較しても良いですが、かえってストレスにならないように気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました