引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

「397」とは?意味や使い方・元ネタを説明

「397」とは?意味や使い方・元ネタを説明 SNS用語
この記事は約2分で読めます。

友人から「397」と返信をされたり、インスタグラムで「#397」というハッシュタグを見かけた経験はあるでしょうか?

単なる数字の羅列ではなく意味があるため覚えておきましょう。

「397」の意味や使い方、元ネタを説明します。

スポンサーリンク

「397」とは?元ネタの由来

「397」は若い世代の間で使われる言葉です。誰が使い始めたのか、誰が発祥なのか調べてみましたが、TikTokなどでレペゼン地球がハッシュタグとして使い始めたということは確認できましたが、元ネタとなったのかどうかは不明でした。

ただレぺゼン地球と「397」のつながりが強いことは確かであり、著名人の中でも397の使用頻度が多いのも確かです。

スポンサーリンク

「397」の意味

「397」とは、「さんきゅーな=ありがとう」という意味です。感謝を伝える時に「ありがとう」と打ち込むよりも「397」と入力したほうが簡単なので、友人に対する返信として使ったりもしますが、インスタグラムやTikTokなどSNSにおいて「#397」のようにハッシュタグをつけて使われるのが一般的です。

スポンサーリンク

「397」のインスタでの使い方

インスタグラムにおいては、何か嬉しいことがあってその感謝の気持ちを伝える時に「#397」のハッシュタグをつけて投稿されます。

10代~20代の若い世代でのみ使われるタグであり、「#397」のハッシュタグで検索すれば感謝を伝えるような投稿を探すことができます。

「397」を使った例文

  • 彼氏がくれたプレゼントをインスタの投稿に「#397」というハッシュタグをつけてアップした。
  • 友達に「体調大丈夫?」とラインを送ったところ「397」という返信がきた。
  • #397のハッシュタグをつけるよりも、直接相手に「ありがとう」と伝える方が感謝の気持ちは伝わる。

数字だけで意味を持つ言葉では「3150」もあるので、そちらもチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました