引用する際には当サイトへのリンクを必ず設置してください。

Tiktoker(ティックトッカ―)とは?意味や使い方を説明

Tiktoker(ティックトッカー)とは?意味や使い方を説明 SNS用語
この記事は約2分で読めます。

若者たちの間で流行中のSNS「TikTok」内で見かけるTiktoker(ティックトッカ―)とは?その意味と正しい使い方を例文も交えてわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

Tiktoker(ティックトッカー)とは?意味

Tiktoker(ティックトッカー)とは、TikTok内でリップシンクと呼ばれる15秒の口パク動画を編集し、投稿する人たちのことです。誰でもすぐにTiktokerになることはできますが、フォロワー数が多く影響力のある人をTiktokerと呼ぶこともあります。

スポンサーリンク

Tiktokerには10代~20代の女性が多く、「キレイ」「かわいい」「かっこいい」などを武器にフォロワーからの強い支持を集める人もいますが、投稿の内容に面白さなどオリジナリティがあるTiktokerも人気を集めています。

TiktokerというとTikTokだけでの活動と思われがちですが、YoutubeやTwitter、Instagramなど他のSNSにも力を入れている人もいるため、SNS全般で人気を誇る人もいます。

スポンサーリンク

Tiktoker(ティックトッカー)の使い方と例文

  • 若い人ばかりという印象があるけど、Tiktoker(ティックトッカー)にはおじさんやおばさんなどの中高年もいるんだぞ。
  • Tiktokerになりたいけど、そもそもの仕組みがわからない!助けて!
  • Tiktokerを目指して数か月。フォロワーも少ないしすでに心が折れそうなの…。

Tiktoker(ティックトッカー)の類義語

Tiktokerの類義語としては、個人で動画や画像を投稿する「Youtuber」「Instagramer」など、画像や動画など目で見て楽しめるコンテンツを作る人たちが挙げられます。

タイトルとURLをコピーしました